有恒の由来

有恒の由来

手前どもは京都で三十余年、飲食店をさせて頂いております。
その中で、益々変化が早くなる時代。この時代にどう適したお店を作るべきか?を考えておりました。
その時、「変わらない為に、変わり続ける」事の大切さに気付く事がありました。
ぶれてはいけない軸はしっかりと持ちながら、お客様の趣味嗜好に合わせての変化も大切に。
これを表した言葉が、「有恒」となります。
「変わらない為に、変わり続ける」これからも前進して参ります。

有恒の想い

有恒の想い

有恒は大人が楽しめる居酒屋を目指しています。
祇園迦陵は、お昼も夜も全て会席料理です。
会席料理の楽しさももちろんありますが、もっとカジュアルな場でも楽しんで貰えればと考えております。
デート・接待・宴会・仲間同士・部下を連れて・・・
様々な用途に合わせた中で、大人がゆっくりと食事やお酒を楽しめる空間を
ご提供できればと考えております。

日本の文化を世界へ

日本の文化を世界へ

京都は訪日観光客数も伸びており、世界的にも益々人気が高まっています。
それは、京都で三十余年商売をさせて頂き、強く感じている部分であります。
だからこそ、「本物」にこだわっていきたく思います。
京料理や京の文化、これを今一度見つめなおし、そしてそれを体現して行ければと思います。

京都市中京区二条通寺町西入丁子屋町694-3

京阪三条駅から徒歩8分
地下鉄京都市役所駅から徒歩3分